結婚式での失敗談・注意点

ブライダルフェアへひとりで行った話

プレ花嫁のみなさん、こんにちは。
節約花嫁のあーみんです。
今回は私がプレ花嫁だったころ、ブライダルフェアへひとりで行きました。
ひとりでブライダルフェアってどうなの?
ひとりで来ている人は他にもいた?
プランナーさんの対応はどんな感じ?
などなど、お答えしたいと思います。
また、節約花嫁目線で気づいた、最悪のデメリットもご紹介します。
ひとりでブライダルフェアへ行く予定のプレ花嫁さんの参考になれば幸いです。

なぜひとりでブライダルフェアへ行ったのか

そもそもなぜひとりでブライダルフェアへ行ったのか?
というと、旦那さんと遠距離だったからです。旦那さんが月1回しか東京に戻ることができず、なかなか一緒に回ることができませんでした。

しかも、優柔不断なわたくし。会場が全然決まりません。見たい会場もたくさんあるし…。
ということで、一人で気になる会場へ行くこともありました。

ひとりで行ってどうだった?

実際ひとりで行ってみて気づいたこと。

それは、意外とひとりで来ているプレ花嫁さんはいる、ということです。
旦那さんと二人で行ったときやひとりで行ったときも見かけました。ひとりで見学している人がいても、全然変だとは思いませんでした。

だって真剣に式場を見学してますもの。変だとは思いません!でも、一人で見学してる立場になると、周りの目が少し気になりました。
周りは全然 気にしていないんですけどね。
最初は恥ずかしさもありますが、次第に慣れました。
しかし、周りはカップルだらけ。さみしー!!って気持ちにはなります(笑)

プランナーさんの対応はどうだった?

旦那さんとふたりで見学したときと全く変わりませんでした。

ひとりで行っても、どの会場のプランナーさんも丁寧に対応してくれました。遠距離であることにとても理解を示してくださって、ありがたかったです。

最悪のデメリットとは?

ブライダルフェアに行くとき、プレ花嫁のみなさんはマイナビウエディングHanayume(ハナユメ)などを利用してブライダルフェアに行くと思います。

節約花嫁的には

あーみん
あーみん
マイナビウェディングやハナユメは商品券がたくさんもらえる!お得!

と思っていました。しかし、ここで最大の注意点がひとつ。

ブライダルフェアへひとりで行くと商品券がもらえません。
そう、ひとりで行くとキャンペーンの対象外となり、もらえないんです~!

キャンペーンの注意事項をみると、どのサイトもカップル2人で来た場合が対象、と書いてあります。

実際に、マイナビウェディングなどでキャンペーンの応募をしていましたが、一人で行ったブライダルフェアはカウントされませんでした。
不正防止のためですが、遠距離花嫁にはつらいですね。

ひとりブライダルフェア前にやっておくべきこと

ひとりでブライダルフェアへ行く際にやっておくべきことがあります。

それは彼と予算については必ず話し合ってから行くべきです。どの式場も絶対に結婚式の予算について聞いてきます。
そして、その予算を元にプランナーさんは見積もりを出してきます。せっかく時間をとって、ひとりでブライダルフェアへ行くので、しっかりとした見積もりをもらってきましょう。

絶対やってはいけないこと

一人でブライダルフェアに行って絶対やってはいけないとこと。

それは、当日契約特典をどんなにおすすめされても、ひとりで勝手に契約はしてはいけません。旦那さんから完全に式場選びを一任されたのであれば話は別です。

しかし、基本的に結婚式は夫婦2人で決めて行うもの。勝手に決めちゃいけません。私も当日成約特典をすすめられることもありました。
しかし、

彼にも見てもらわないと、さすがに決められません…。彼と相談して決めたいので、当日特典とか割引どうにかなりませんか?

とお願いしました。
私がお願いしたプランナーさんはみなさん、快くOKしてくれました。プランナーさんも式場は2人で決めるものだと理解しているのでお願いしてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

一人でブライダルフェアに行くと商品券の対象外なのはキツいと思います。
しかし、予定が合わないのであれば、ひとりでブライダルフェアへ行くのも全然アリだと思います。ブライダルフェアへ行くことで結婚式の具体的な情報を得ることが出来るからです。

また、彼が積極的にブライダルフェアへ行ってくれない場合も、一人で見学は有効かもしれません。一人で見学して、ある程度絞った状態で彼に提案することが出来るからです。

遠距離花嫁さんは特に大変かと思いますが、情報収集、頑張りましょう!

彼と二人で行くなら一番お得!マイナビウエディングで予約がおすすめ!



ABOUT ME
あーみん
質を落とさず節約する。をモットーにしています。 結婚式は人生の中でも大きな金額が動く大事なイベントだと思います。 節約したいけど質は落としたくない。 そんなプレ花嫁さんたちが誰でも実践できるような、結婚式の節約方法を発信しています。 また、卒花さんたちも役に立つようなお得な情報を発信していきます。