40万円の値引きに成功した、式場契約前の交渉術

結婚式は一生に一度だから、絶対後悔はしたくない!
でも、実際にブライダルフェアに行くと、その見積り額に愕然。こんなに高いの?憧れていた式場だけど無理だよー!
そんな風に思っていませんか?実際に私たちは5月・お日柄がよい・土曜日という結婚式のハイシーズンにもかかわらず、最初に出された見積もり額からさらに40万円の値引きに成功しました!
私たちが実際に値引きに成功した交渉術を公開します。

 

スポンサーリンク

初回の見学では契約しない!

よく初回の見学で契約すると初回契約特典で割引がありますよね。その特典がついていたとしても、その場では契約しません。本当に契約する気があるのなら、同じ式場へ2回目行き、2回目以降に契約するべきです。

式場側も2回見学してくれるということは、自分たちの式場に興味をもっていて、あと一押しすれば契約してくれる可能性が大きいと思っているからです。式場側も結婚式は大きなお金が動く契約です。だからこそ、本気で囲いにきます。実際、私たちも迷っていた式場が2カ所あり、2か所とも2回見学へ行きました。どちらも都内有名ホテルですが、2回目の見学の際はすでに色々な値引きや特典が付いていて、さらに値引き交渉に応じてくれました。どちらも初回契約特典以上の割引をつけてもらえたので、本命の式場へは2回の見学がおすすめです。

ただし2回目の契約するときに希望の日程が埋まってしまったら、元も子もないので、日程に余裕がある人におすすめです。

 

式場側が付けてくれた特典+αをねらえ!

先ほどもお伝えしましたが、式場見学へ2回目行くとすでに1回目に見学したときから付いていた特典+αがついていることが多いと思います。しかし、この特典には満足せず、更なる値引きや特典の交渉をすべきです。
値引き交渉すれば、たいてい「上長と相談してきます。」と言って、値引き権限のある上司の方と相談してきてくれます。

 

どんどん交渉するべき!私たちが値引きに成功した交渉方法

私たちが実際に値引きに成功した交渉方法をご紹介します。

セリフは

「本当は契約したいくらい素敵な会場だと思っているのですが、金額面で○○ホテルとで悩んでいる。もう少し値下げしていただければ、今日契約したいと思っています。なんとかお願いできませんか。」

ポイントとしては、

①ライバル式場の名前を出す。
②金額面で悩んでいる。
③今日契約する。

この3つです。
きらびやかな式場の中で金銭面で悩んでいるなんて伝えるのは、ちょっと恥ずかしいかもしれません。しかし、このセリフを言うか言わないかで、40万差額が出るならちゃんと伝えるべきです。
それに、私たちが交渉した感じとしてはプランナーさんも値下げ交渉には慣れているように見えました。
プランナーさんとしても、会場自体は気に入ってもらえているなら、と上長と相談をして来てくれます。
先ほどは「本命の式場には2回行くべき。」と書きましたが、日程に余裕がなく、1回目の契約でしないと行けない場合でも、契約交渉してみてください。

 

交渉するうえで一番大事な事

交渉するうえで、一番大事なことがあります。
それはプランナーさんへの態度!
ウエディングプランナーさんはどこの会場でもとても丁寧に案内してくれます。交渉するときもとても丁寧。だけど、あちらも人間です。高圧的な態度の客にはなんだかいい気持ちしませんよね。だからこそ、こちらも高圧的な態度ではなく、わざわざ上長へ値引きの許可を取ってくれるプランナーさんへは感謝の気持ちで対応しましょう。

 

まとめ

わたしたちは、かなり値引きしづらい条件にもかかわらず40万円の値引きに成功したので、季節やお日柄によっては更なる値引きが可能かもしれません。
人生で一回の結婚式です。納得のいく式場で式を挙げたい、でも金銭面で悩んでいる方がいるなら、私たちの交渉術を参考にしてみてください。



スポンサーリンク

プロフィール
あーみん
質を落とさず節約する。をモットーにしています。
結婚式は人生の中でも大きな金額が動く大事なイベントだと思います。
節約したいけど質は落としたくない。
そんなプレ花嫁さんたちが誰でも実践できるような、結婚式の節約方法を発信しています。
また、卒花さんたちも役に立つようなお得な情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

質を落とさず節約する。をモットーにしています。 結婚式は人生の中でも大きな金額が動く大事なイベントだと思います。 節約したいけど質は落としたくない。 そんなプレ花嫁さんたちが誰でも実践できるような、結婚式の節約方法を発信しています。 また、卒花さんたちも役に立つようなお得な情報を発信していきます。